猫のキャリーバッグを選ぶポイント。購入したキャリーバッグと人気商品の紹介。

はじめに

猫ちゃんを運ぶキャリーバッグ。

いろいろな種類があって買うときに悩むことが多いと思います。

私たちも買うときにいろいろと悩んだので、それをもとに選ぶポイント、買ったキャリーバッグを紹介します。

はじめに
キャリーバッグを選ぶうえでのポイント
大切な3つのポイント
キャリーバッグの紹介
おわりに

 

キャリーバッグを選ぶうえでのポイント

いろいろとサイトで紹介していますが、猫ちゃんのキャリーバッグを買うときのポイントは下記があります。

  • 堅固である
  • 風通しがいい(呼吸ができる)
  • 運びやすい
  • トイレをしてしまったときに掃除しやすい
  • スムーズに猫ちゃん出し入れしやすい
  • 持ち運びしやすい
  • 軽い
  • おしゃれ

などなど

いろいろなポイントがありますが、すべてを満たすキャリーバッグはなかなかありません。

高機能になれば、もちろんその分お値段もしてきます。

今回キャリーバッグを選んでいて、大事なのは用途にあったものを選ぶことだと思いました。

シチュエーションに応じて、どの機能が必要・必要でないが分かれてくるのでそこを上手に判断していければと思います。

大切な3つのポイント

前の章でシチュエーションに応じて選ぶ必要があるとお話ししましたが、共通するポイントはあるかなと思いました。

そのポイントが下記の3つです。

  • 猫ちゃんが外に飛び出せない
  • 猫ちゃんがストレスを感じない
  • 猫ちゃん出し入れしやすい

だと考えています。

猫ちゃんが外に飛び出せない

1点目ですが、これが一番大切だと思います。

キャリーバッグの主な目的は外での移動です。

外は危険がいっぱいで、飛び出して車にひかれたりしまうといったことも報告されています。

ケースの素材が固くても、中から飛び出されてしまっては意味がないので、中で暴れて外に飛び出さないものを選びたいです。

猫ちゃんがストレスを感じない

移動するときは、猫ちゃんにとっていつもと環境が違うため、ストレスを感じやすいです。

そのため少しでもストレスを感じさせないものを選ぶ必要がありますが、これがなかなか難しいです。

猫ちゃんは狭くて暗いところが好きなことが多いので、大きすぎず外の情報があまり入ってこないようなものがいいのではないかと思います。

もちろん密封していると呼吸もできないので通気性がいいものを選ぶ必要があります。

また、移動の時の振動も気になると思うので、私たち人が運びやすい形状である点も大切です。

猫ちゃんを出し入れしやすい

3点目です。

移動することが目的ですと、移動前・移動先で猫ちゃんを出すことが多いと思います。

そのため、出し入れしやすい構造であるのは一つ大きなポイントです。

横から入れるタイプが多いキャリーバッグですが、上から出し入れできるタイプもあるので、そういったものは抱っこして入れやすいです。

もちろん出し入れできる口が多いと、それだけ猫ちゃんが飛び出す場所が増えるので注意したいです。

キャリーバッグの紹介

これまではポイントの紹介をしてきました。

この章では実際にキャリーバッグの紹介ということで、2点紹介します。

どちらも購入を検討して、最終的には1点目の布のタイプを選びました。

ということで、まず1点目の紹介です。


☆5%OFFクーポン対象☆折りたたみソフトキャリー Sサイズ POTC-410A (耐荷重:約5kg) 小型犬 猫 ペットキャリー キャリーバッグ 布製 ショルダー 折り畳み おりたたみ コンパクト収納 ポータブル 避難 防災 防災グッズ おでかけ 通院 あす楽

こちらが私たちが購入したキャリーバッグです。

こちらのキャリーバッグの特徴ですが、

  • 布製で折り畳み可能
  • 底板もあって、安定してい運べる
  • 肩掛けもついています
  • 出し入れ口は横、上があって入れやすい
  • サイズがSMLがあって、猫ちゃんの大きさにあったものを選べる
  • 値段も比較的お手頃

このあと紹介するプラスチックの固いタイプと迷いましたが、私たちは外に出すのは基本的には動物病院にいくときだけで、動物病院も徒歩10分弱でついてしまうので出し入れしやすいもの重視で選びました。

実際に買ってみて、中から入口の部分(チャックになってます)を押してみましたが、問題なさそうで飛び出す心配もなさそうでした。

念のため、病院に連れて行くときは洗濯ネットに入れています。

↓そのときの写真です。

上から出し入れもできるので、病院ではスムーズにちゃるちゃんを出すことができました。

続いて2点目です。


リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア M【キャリーバッグ/コンテナ】【小型犬用キャリーバッグ/猫用キャリーバッグ】【キャリーケース/クレート/ハードキャリー】【犬用品・猫用品/ペット用品】【ドライブ・アウトドア/車・旅行/おでかけグッズ】【あす楽対応】

こちらはプラスチック型の固いタイプです。

こちらは人気のキャリーバッグです。

特徴としては、固いタイプという以外にも車で移動する際にシートベルト等に固定することができるといったところがあげられます。

私たちは迷った結果折りたためるほうがいいかなということで、1つ目を選びました。

おわりに

キャリーバッグを選ぶポイントいかがだったでしょうか。

大事なポイントは、用途にあったものを選ぶという点です。

用途にあったものを選び、安全に猫ちゃんを運べるバッグを選んでいきたいですね。

 

ブログランキング参加中です。
応援よろしくお願いします。


ペット(猫)ランキング